´Home  >>>  活動報告
 
日豊海岸シーニック・バイウェイ活動報告のページ > (平成26年度)
  平成25年度稼働報告のページへ 平成27年度稼働報告のページへ 

》》》 2014年10月11日(土)
  道守大分会議の総会に参加しました!!
 
10 月11日(土)、高崎山おさる館で「道守大分会議」の総会があり、大分県の道守さん約30名が集まり活動報告や意見交換、別大国道の清掃を行いました。蒲 江地区からも「蒲江道づくりを考える女性の会」の皆さん9名が参加しました。別大国道には全国でも珍しいマイツリーが植えられており、女性の会のマイツ リーも順調に育っていました。

 道守とは、道を舞台に、あるいはテーマに様々な活動(道の清掃や花植え等)を行っている人々を「道守」と名付け、その行動を「道守活動」といいます。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

》》》 2014年 9月21日(日)
  東九州伊勢えび海道キャンペーンinパークプレイス
 
9月21日(日)に、延岡市と佐伯市の両観光協会が、東九州伊勢えび海道のPRキャンペーンをパークプレイス大分において開催しました。
延岡市からのお買い物客を含め、約400人が集まり、「えび反り絶叫大会」や「ビンゴ大会」を楽しんでいました。
ビンゴ大会はビンゴされた方が伊勢えびの形をした風船を吊っている紐を切り風船が落ちれば最高賞がもらえるルールで、ビンゴが成立してもダミーの紐ばかり切り、風船ががなかなか落ちずハラハラドキドキで盛り上がりました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

》》》 2014年 7月14日(月)
  「平成26年度日豊海岸シーニック・バイウェイ研究会総会」でが開催されました!!
 
本年度の日豊海岸シーニック・バイウェイ研究会総会が 7月14日(月)に開催されました。
 意見交換会の中で、蒲江(佐伯)側の出席者から 「蒲江の人は丼の中で色々主張する“丼(どんぶり)ばか”であり、それぞれの立場で議論する事で素晴らしいもの(地域づくり)が出来る」 との意見が出されました。
 地域で頑張っておられる方との交流を深めることの大切さを、改めて痛感させられた総会になりました。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

》》》 2014年 5月23日
   ハマンボウが、表敬訪問しました!!
 
5月23日(金)に、ハマンボウが大分県南部振興局と佐伯市役所を表敬訪問しました。
南部振興局長に会いに行くと、職員の皆様から歓迎の声援をいただきました。
佐伯市長に会いに行くと、ハマンボウ来訪の看板があり緊張。部屋にはいると、たくさんの報道陣でさらに緊張。
それでも皆様に笑顔で決意表明。〜みなさんよろしくお願いします。〜
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

》》》 2014年 5月 3日(土)
  「マンボウフェスタ」で、『蒲江ハンヤ節を疲労しました!!
 
  5月 3日から 6日の 4日間、大分県マリンカルチャーセンターで『マンボウフェスタ』が開催されました。
 3日のイベントで、「蒲江道づくりを考える女性の会」の皆様が「蒲江ハンヤ節」を披露しました。「ハンヤ節」は、船乗りから伝わった唄で、平成10年の国民文化祭を契機に、海の町蒲江にふさわしい「蒲江ハンヤ節」として生まれ変わり現在に至っています。

平成27年度稼働報告のページへ  

平成26年12月 7日 更新
Nippou-kaigan Scenic Byway, since 2007